和室 押入れ収納

和室の押し入れに何を収納するでしょうか。
当然真っ先に思いつくのは布団。でも布団だけではないはずです。
ライフスタイルの変化によっては、収納したいモノも変化してきます。
お客様の希望で布団のスペースを縮小して、洋服タンス的な要素に変更。
湿気など大切な洋服のために桐材の特性を収納に生かす伝統的な収納としました。

押入れやクローゼットは、お客様本位の収納に頼りがちになり、最初から仕切りや棚板などを設けるのは少ないものです。
大工さんがつけた棚一段にプラスチックの衣類ケースなどをあれこれと工夫される方が多いようです。機能的な仕切りがもっとほしいとか、棚板が欲しいなど、ちょっとしたことでも対応できますのでお気軽にご相談下さい。
収納というとスペースありきで大掛かりな感じもありますが、パネルや棚板1枚からでも施工できます。今日より快適な収納生活にお応えします。

 

仕様 桐材集成材および桐突板合板

サイズ W3600×H1800×D800

参考価格 30万円 取り付け費含む

ページの先頭へ